Home > 1840 アヘン戦争  Archive

1840 アヘン戦争  Archive

1840 アヘン戦争

今回はアヘン戦争の起こった年代、南京条約が締結された年代を覚えましょう。
自分では気に入っている語呂です。

1840 アヘン戦争が起こる
1842 南京条約が締結される
走れメロス アヘンはだめよ! 足にはつの南京錠

解説
走れと1840をかけています。「走れメロス」の主人公のメロスは王との約束を守るため数多くの困難に出会いました。疲れきったメロスはアヘンに手を出そうとします。しかしそれはいけないと思い我慢しました。そんな姿を頭にイメージすれば完璧!

アヘン戦争の後始末として南京条約(1842)が締結されました。南京錠(なんきんじょう)は南京条約とかけてみました。香港はこのとき清からイギリスに割譲されました。ちなみに香港は1997に中国に返還されています。1842を覚えたい人は2つの南京錠を足にはめていたと覚えましょう。(1840+2=1842)

走れメロスのあらすじ
王様につかまったメロスが妹の結婚式に出るために3日間だけ釈放された。人間不信の王様は帰ってこないと思っていたが、妹の結婚式を終えたメロスは幾多の困難に打ち勝ち約束を守る。こんなあらすじだったと思います。太宰治は忘れずに!


参考

840 日本後紀編纂
走れメロス 日本日本後紀をもって!

解説
日本後紀は840年に編纂されています。走れメロスの本の表紙をイメージしましょう。そしてメロスが小脇に「日本後紀」を抱えているイメージを作ってください。「日本後紀」は六国史の3番目です。さすがにこれは中学・高校入試で出るか?です。大学入試では必須だと思います。

hasire.jpg
偕成社文庫

それではまた・・・



アヘン戦争

こんにちは

紹介している日本史・歴史年代の覚え方に少しはなれていただきましたでしょうか。
いましばらくは時代をランダムに出していきます。今はあくまで助走期間です。
?イメージをつくる?セットで覚えるものはセットで覚える意識を持つ(たとえば戦争と講和条約)
ということに注意してください。

前置きはこれぐらいにして、

今回は太宰治の小説「走れメロスの」の登場です。

王様につかまったメロスが妹の結婚式に出るために3日間だけ釈放された。
人間不信の王様は帰ってこないと思っていたが、妹の結婚式を終えたメロスは幾多の困難に打ち勝ち、
約束を守る。
こんなあらすじだったと思いますが・・・

早速問題です。

問題13

Q:「走れメロス」の主人公のメロスは王との約束を守るため数多くの困難に出会いました。
  疲れきったメロスはある薬に手を出そうとします。しかし、それはいけないと思い我慢しました。
  その薬とは何でしょう?

A:アヘン

解説:アヘン戦争は1840に起こりました。走れメロス!アヘンはだめよ!
   これでアヘン戦争の年代は完璧だ! (と私は思いました。)

ついでに南京条約も覚えましょう。

Q:走れメロスの主人公 メロスの得意技は?
A:南京玉すだれ(大道芸)

解説:アヘン戦争の後始末として南京条約(1842)が締結されました。
   南京玉すだれと南京条約をかけてみました。
   香港はこのとき清からイギリスに割譲されたのですね。
   ちなみに香港は1997に中国に返還されています。


まとめ

1840 アヘン戦争 走れメロス!アヘンはだめよ! 得意技は南京たますだれ 

太宰治に怒られるかな~

ではまた

Index of all entries

Home > 1840 アヘン戦争  Archive

最新の年表(中学・高校受験用)
年表20100505
上の年表を覚えるテキスト
表紙
世界史年表(高校受験用)
世界史年表(高校受験用)
Recent Entries
アクセスランキング(9月)
 1年表
 2保元の乱
 3永仁の徳政令
 4徳川将軍の覚え方
 5人物一覧
 6白村江の戦い
 7鎌倉6仏教開祖の順番
 8保元の乱の歴史的意義
 9時代区分
10豊臣秀吉の年表
10枕草子の覚え方
  
日本国憲法:20110515
年表20100505
 
テーマ別年表
3大飢饉2
人物別年表
織田信長 豊臣秀吉 徳川家康
Search
                 
ごあいさつ

プロフィール画像

日本史・歴史年代を楽しく・楽に、そして確実に覚えてもらいたいとはじめたブログです。中学受験生・高校受験生から大人の人まで楽しんでいただけたらと思います。よろしくお願いします。 編集長: アンリ  

            
枕草子の覚え方
年表20100505
徳川将軍覚えましょう!
年表20100505
琉球・沖縄まとめました
外国船シリーズ
おまけ
一生
Feeds

Return to page top