Home > 保元の乱の歴史的な意義 Archive

保元の乱の歴史的な意義 Archive

保元の乱の歴史的な意義

今回は保元の乱の解説です。「保元の乱」のきっかけは鳥羽法皇の死去です。その後継をめぐって二人の息子が対立しました。(崇徳上皇・後白河天皇の兄弟げんか)

また、藤原氏の関白の職をめぐる内輪もめ(兄弟げんか)が加わり、双方武士を集めて争いが始まりました。武士も平家・源氏ともに崇徳方・後白河方に別れて戦いました。(←平家はおじ・おい、源氏は親子間で戦いました。)

結果は後白河天皇が勝利で終わっています。平清盛・源義朝が協力して戦いました。


この戦いの大事な意味は「武士の中央進出を決定的にした事件である。」ということです。政争の決着は朝廷・貴族の間だけではつけられずに、武士の力が必要な時代になったということです。



Index of all entries

Home > 保元の乱の歴史的な意義 Archive

最新の年表(中学・高校受験用)
年表20100505
上の年表を覚えるテキスト
表紙
世界史年表(高校受験用)
世界史年表(高校受験用)
Recent Entries
アクセスランキング(9月)
 1年表
 2保元の乱
 3永仁の徳政令
 4徳川将軍の覚え方
 5人物一覧
 6白村江の戦い
 7鎌倉6仏教開祖の順番
 8保元の乱の歴史的意義
 9時代区分
10豊臣秀吉の年表
10枕草子の覚え方
  
日本国憲法:20110515
年表20100505
 
テーマ別年表
3大飢饉2
人物別年表
織田信長 豊臣秀吉 徳川家康
Search
                 
ごあいさつ

プロフィール画像

日本史・歴史年代を楽しく・楽に、そして確実に覚えてもらいたいとはじめたブログです。中学受験生・高校受験生から大人の人まで楽しんでいただけたらと思います。よろしくお願いします。 編集長: アンリ  

            
枕草子の覚え方
年表20100505
徳川将軍覚えましょう!
年表20100505
琉球・沖縄まとめました
外国船シリーズ
おまけ
一生
Feeds

Return to page top