Home > 飛 鳥 時 代 Archive

飛 鳥 時 代 Archive

694 藤原京遷都(持統天皇)

今回は持統天皇が行った藤原京遷都の年代を覚えましょう。持統天皇は天武天皇の皇后で天武天皇がなくなった後即位しました。

694 藤原京遷都(持統天皇)
ロクヨンの お湯割り大好き 持統天皇 藤原紀香と地鶏食う

藤原紀香→藤原京
地鶏→持統天皇


607 法隆寺建立

法隆寺が建立された年代は定番で


607 聖徳太子 法隆寺建立
群れ成して 一気に作ろう 法隆寺



遣隋使派遣の年代も一緒に覚えましょう!


607 遣隋使の派遣
群れなして 随に行きます 小野妹子 




聖徳太子に関する年代でまとめて覚えたい人はこちらからどうぞ




法隆寺



607 遣隋使の派遣

遣隋使が派遣された年代は、定番でOK!


607 遣隋使の派遣
群れなして 随に行きます 小野妹子 



遣隋使)
聖徳太子によって隋に派遣された外交使節。607年に小野妹子が遣隋使として派遣されました。小野妹子(おののいもこ)が持参した国書が対等な外交を求めていたために隋の煬帝が激怒しました。翌年小野妹子は答礼使(とうれいし)の裴世清(はいせいせい)とともに帰国しました。630年に遣唐使として派遣された犬上御田鍬(いぬがみのみたすき)は614年に遣隋使として隋に渡っています。小野妹子は男性ですのでよろしく!

聖徳太子に関する年代をまとめて覚えたい人はこちらからどうぞ



645 大化の改新 

今回は中大兄皇子(後の天智天皇)関連です。定番のもので覚えましょう。



645 大化の改新
大化の改新 虫殺し(むしごろし) イルカ(入鹿)を先に殺しちゃう


646 改新の詔
むしろ重要 改新の詔



解説)
①はよく聞くものです。私は何で「虫殺し」なんだ?と思っていましたが、ちゃんと理由があるんですね。大化の改新に際しては、中大兄皇子(後の天智天皇)と中臣鎌足(後の藤原鎌足)が蘇我蝦夷・入鹿親子を殺してしまいます。「蝦夷」を文字をよく見てください。ちゃんと「虫」へんが入っています。よーく考えられていますね!

また、虫に加えて「イルカ(入鹿)」も加えておきました。ちなみに最初に殺害されたのは息子の「入鹿」の方で親父の「蝦夷は」後から自殺したようです。この順番を聞く問題はないと思いますが念のため書き添えます。(あー今日は勉強になりました。)

②もよく聞くと思います。形容詞はあまり使いたくないのですが、史実に基づいたものは使うケースがあります。中大兄皇子(後の天智天皇)と中臣鎌足(後の藤原鎌足)が蘇我蝦夷・入鹿親子を殺害し政変を起こすのですが、殺して満足してはいけません。体制を強固なものにするために改新の詔を出します。「改新の詔」では公地公民制・班田収授法・国郡制度・税制(租庸調)が定められています。「改新の詔」はむしろ重要というわけです。

↓中学生以上は
中大兄皇子(後の天智天皇)と中臣鎌足(後の藤原鎌足)が蘇我入鹿を殺害した政変を「乙巳の変(いっしのへん)」といいます。「大化の改新」とは後に出された「改新の詔」に基づく政治改革を言うものだ-という定義もありますので、このあたりは先生に確認してください。

乙巳の変(いっしのへん)は読み方が難しいです。中大兄皇子と中臣鎌足が石(いし)を投げて戦ったとでも連想しておけば大丈夫!


907 唐滅亡

武田鉄矢さんに登場していただいて、唐滅亡の年代を覚えましょう!


618 唐建国  ロイヤルホストで唐揚を 食べていました 唐の人

907 唐消滅  武田鉄矢いだす「暮れなずむ町の光と影の中」 涙 涙の 唐消滅


何度もお話していますが文章を覚える必要はありません。イメージを頭の中に何度も描き、そしてキーワード(ロイヤルホスト・暮れなずむ)の意味を確認してみてください。ロイヤルホストにいったとき、近くを通った時に確認すれば完璧です。


武田鉄矢さんの贈る言葉をよく知らない方はどうぞ 
場面にぴったりのはず。




618 唐建国

今回は唐が建国された年代を覚えましょう。


618 唐 建国 
ロイヤルホストで揚を 食べていたのは の人



解説
唐は618に建国されています。ロイヤルホストのロイヤ618を掛けています。それに加えて、唐揚(からあげ)の唐(から)唐(とう)を掛けています。ロイヤルホストに食事に言った時や近くを通った時に思い出すといいですね。


630 遣唐使の派遣(犬上御田鍬)

今回は遣唐使の派遣が始まった年代を覚えましょう。定番です。


630 遣唐使の派遣が始まる
犬上(御田鍬)さん ロミオと一緒に 遣唐使


解説
遣唐使は630年に始まっています。ロミオ630をかけています。私が紹介する語呂は人物に重きを置いていますのでぜひ犬上(御田鍬)さんを入れて頭にインプットしてもらいたいと考えています。犬上(御田鍬)さんがロミオと(ジュリエットを加えてもOK)遣唐使船に乗って唐を目指すシーンを浮かべてください。


遣唐使として唐に渡った人物はたくさんいます。

犬上御田鍬
高向玄理(大化の改新後、僧の旻とともに新政府の国博士に任じられる。)
山上憶良(万葉集で有名)
阿倍仲麻呂(百人一首で有名)
吉備真備・玄昉(聖武天皇の時代に活躍)
最澄・空海
橘逸勢(たちばなのはやなり:嵯峨天皇・空海とともに三筆)
円仁(最澄の弟子)
などです。

以前「ロイヤルホストで唐揚を食べていました唐の人」ということで唐の建国の年代を紹介しました。唐建国は618年ですね。上の人物たちがみんな集まってロイヤルホストで食事をしているシーンを浮かべてください。

さて約200年にわたった遣唐使も894年に菅原道真の進言により中止されています。これも定番「道真さん 白紙に戻す 遣唐使」でよろしいかと・・・

今回は年代に加えて上の人物たちがロイヤルホストで食事をしているシーンを浮かべることにがんばってみてください!

最後に阿倍仲麻呂の句を載せておきます。
16歳のときに唐にわたったそうです。

「天の原 ふりさけみれば 春日なる 三笠の山に いでし月かも」
(古今和歌集・百人一首より)

amanohara.jpg


白村江の戦い

楽勝!

663 白村江の戦い
無論惨敗 白村江 (百済滅亡 残念だ!)


解説
白村江の戦いは663年に起こっています。無論(むろん)惨敗(ざんぱい)と663をかけています。この出来事は結構重要です。百済(生き残った一族)の要請にこたえて、中大兄皇子が軍隊を朝鮮半島に送るのですが、唐・新羅の連合軍に破れてしまいます。この戦いにより百済が完全に滅亡し、倭国(中大兄皇子)は朝鮮半島から完全に手を引くこととなりました。中大兄皇子は国内の防備を固めるために大宰府に水城を作り、九州北部の沿岸には防人を配備します。また、都を内陸部の大津京に移します。国内の政権基盤を強固にするきっかけとなった戦いです。(朝鮮半島どころではない!国内を固めよう!)

中大兄皇子は667年に大津京に遷都し、翌年の668年に天皇(天智天皇)に即位しています。白村江の位置は下の地図で確認。大津京の位置を地図は教科書・参考書で確認!

↓現在は錦江(きんこう、クムガン)というそうです。ポイントの近くの川が錦江です。この河口付近が戦いの場と考えられています。

大きな地図で見る


672 壬申の乱

中大兄皇子が大津京遷都(667年)の翌年(668年)、天皇に即位(天智天皇)しました。 その天智天皇が671年になくなります。その翌年672年に、その皇位継承をめぐる争いが起こりました。「壬申の乱」です。天智天皇の子供である大友皇子(おおとものみこ)と天智天皇の弟である大海人皇子(おおあまのみこ)の間で戦いが起こり、大海人皇子が勝利しました。大海人皇子は翌年天皇に即位(天武天皇)しました。今回はこの「壬申の乱」の年代を覚えましょう。こちらも定番です。


672 壬申の乱(大友皇子と大海人皇子の戦い)
胸突き八丁 壬申の乱


解説
壬申の乱は672年に起こっています。むなつきはっちょうのむなつと672をかけています。胸突き八丁がわからないという方は

無難に終了 壬申の乱」というものでもOKです。個人的には「胸突き八丁」がぴったり。(大海人皇子の心境)だと思っています。

胸突き八丁)
山道で登りのきつい難所。転じて、物事を成し遂げるのに一番苦しい時期(広辞苑)
正念場・踏ん張りどころ(アンリ)
 

中学生以上は↓


663 白村江の戦い
667 大津京遷都 *白村江の戦いで敗れた中大兄皇子が防御を固めるため都を内陸部に移す
668 天智天皇 大津京にて即位(←中大兄皇子) *大津京遷都の翌年

672 壬申の乱
673 天武天皇 飛鳥浄御原宮にて即位(←大海人皇子) *壬申の乱の翌年

*飛鳥浄御原宮:あすかのきよみはらのみや・あすかきよみがはらのみや


read more

668 天智天皇即位

天智天皇が即位した年代は、大津京に遷都したした翌年です。

こちらから大津京に遷都した年代を確認してください。



667 大津京遷都

大津京遷都の年代は簡単です。



667 大津京遷都 
 セブン 引越し手伝う 大津京(遷都)



解説
大津京は667年に中大兄皇子により遷都されています。007(ゼセブン)と667をかけています。勢いあまって007年としないように。中大兄皇子がイギリスのスパイである007を大津京遷都の引越し責任者に任命したといイメージできれば大丈夫!中大兄皇子は翌668年大津京で天皇(天智天皇)に即位しています。


701 大宝律令制定

今回は大宝律令が制定された年代を頭にインプット!


701 大宝律令制定
    竹中直人 大宝律令作ります


解説)
直人(なおと)→701
えー 元首相の菅直人でもOK!

関連人物も覚えたい人は


竹中直人 藤原警部と 大宝律令作る 
でどうぞ!



藤原→藤原不比等
警部→刑部→刑部親王


大宝律令

ではまた・・・





684 八色の姓制定

今回は八色の姓が制定された年代を覚えましょう!


684 八色の姓制定

この年代は「 672 壬申の乱 : 胸突き八丁 壬申の乱 」をしっかりと覚えて天武天皇→600年代を確認、八色→84で684と覚えるのが簡単だと思います。


八色の姓)
やくさのかばね・はっしきのせい
天武天皇が制定した8階の姓。皇室に関係が深いものを上位において、豪族を新しい身分秩序に編成しました。

真人(まひと)
朝臣(あそみ)
宿禰(すくね)
忌寸(いみき)
道師(みちのし)
臣(おみ)
連(むらじ)
稲置(いなぎ)



ではまた・・・


646 改新の詔

改新の詔が出された年代は大化の改新と一緒に覚えましょう。

こちらからどうぞ




604 17条の憲法制定

17条の憲法が制定された年代は、聖徳太子に関する年代でまとめて覚えましょう!

こちらからどうぞ



603 冠位12階の制定

冠位12階が制定された年代は、聖徳太子に関する年代でまとめて覚えましょう!

こちらからどうぞ


708 和同開珎

今回は和同開珎が作られた年代を覚えてしまいましょう!富本銭には「ロバ」と「サル」が刻印されていました。和同開珎にはある小説家が刻印されていました。誰だかわかりますか?その人は「志賀直哉」です。ということで・・・


708年 和同開珎をつくる(元明天皇)
       和同開珎 志賀直哉 刻印されておりました

解説)
和同開珎は708年に作られています。(志賀)直哉:なおやと708をかけています。和同開珎の裏側には志賀直哉の姿が刻印されていたとイメージしましょう。それと元明天皇の時代につくられていますので明るい「黄色」もイメージしましょう。(あとから出てくる古事記・風土記も表紙が黄色のイメージを持ちましょう)写真も貼っておきますのでよく見て和同開珎のイメージを作り上げてください。和同開珎は日本で最初の流通貨幣と言われています。皇朝十二銭の1番目です。



wadou.jpg
↑和同開珎 出展wikipedia



siganaoya.jpg
↑志賀直哉 出展wikipedia

志賀直哉)
明治・大正・昭和にかけて活躍した小説家。 文芸雑誌「白樺」を創刊した。代表作は「暗夜行路」、「和解」、「城の崎にて」。志賀直哉に関する年代は触れませんが、文学関連で出題される可能性があるので、人物・創刊雑誌・代表作は覚えておいてください。志賀直哉は和同開珎のコレクターだったと覚えてもOKです。

それではまた・・・


701 大宝律令制定(文武天皇)

今回は文武(もんむ)天皇が大宝律令を制定した年代を覚えてしまいましょう。先代の天皇は藤原紀香とろくよんのお湯割りを飲んでいた持統天皇です。後の天皇は次回から始める元明天皇です。(文武天皇は元明天皇の息子です。元明天皇はお母さん。)大宝律令が制定された年代の覚え方はいろいろありますが、ちょっと造ってみました。

大宝律令 七日で仕上げた 藤原(紀香)刑事

七口一年 文武天皇 大宝律令制定(藤原・刑部)

解説:
大宝律令は七口一年に制定されています。七日と701をかけています。ちょっとややこしいのですが日を分解すると口と一に分解できます。七日で七口一としたわけです。わかるかなー?それと藤原刑事は大宝律令を作った藤原不比等と刑部親王を一緒に覚えてしまおうと考えました。先代の持統天皇でも藤原京を連想するため藤原(紀香)に登場してもらいました。文武天皇も藤原(紀香)刑事が登場!イメージつくりに役立てていただければと思います。(藤原(紀香)さんは香港の映画に刑事役で出ていたと思います。題名はすいません忘れてしまいました。)

*藤原警部としてもいいのですが刑部と字が違いますので「刑事」にしました。まちがえるはずがないという方は藤原警部でOKです。

「律」は今で言う刑法で、「令」は行政法・民法にあたるとされています。中身については教科書・参考書で確認お願いします。

それではまた・・・

683 富本銭が作られる

683  富本銭が作られる
        富本銭 刻印されてた ロバ



これはイメージで覚えましょう。
まずは富本銭(レプリカ:複製品)の写真です。ここからが勝負!
表が下の写真で裏側には「ロバ(68)」と「サ(3)ル」が刻印されていたとイメージしましょう。
これで683年が頭にインプットされます。

fumonsen2.jpg



ロバとさる、それと富本銭の写真を貼っておきます。
頭の中で「ロバとさるが刻印されていた富本銭」のイメージを何度も浮かべてみてください。

fumonsen3.jpg


それではまた・・・



593 聖徳太子、推古天皇の摂政に就任

聖徳太子に関する年代はまとめて覚えましょう!
まずは皆さんご存知のものからはじめます。


593年 聖徳太子 推古天皇の摂政に就任
聖徳太子は コックさん


これは問題ないですよね!

次からは少々説明を入れていきます。聖徳太子に関する年代で覚えておきたいのは全部で5つあります。摂政就任の年代もあわせて書きます。

593年 聖徳太子 推古天皇の摂政に就任
60年 聖徳太子 冠位12階を定める
60年 聖徳太子 17条の憲法を定める
60年 聖徳太子 遣隋使を派遣(小野妹子)
60年 聖徳太子 法隆寺を建立

まずは5つの事柄を覚えましょう。OKですか?まず最初の「摂政就任」、最後の「法隆寺建立」を覚えましょう。次に「冠位12階」と「17条の憲法」は12のほうが17より小さいので先だと順番だてましょう。次に603年、604年、607年を覚えましょう。これは一気に覚えましょう。3・4・7に着目して「さよなら」と覚えましょう。593年を確実に覚えて、さよならの「さ」は10年後(593から一番近い一桁が3の年代)の603年ときっちり覚えましょう。さよならの「よ」は604年、さよならの「な」は607年となります。ちょっと苦労しますが覚えてしまえばすっきりしますよ!どうしても苦しい!という人は順番だけでもきっちり覚えてください。問題風にまとめると・・・

次の文章をよく読んであとの問いに答えなさい。

聖徳太子はコックさん いつも「さよなら~ さよなら~」歌ってた。

Q:コックさんはある出来事の年代を暗示しています。その出来事と年代は?
A:推古天皇の摂政に就任:593年

Q:さよならの「さ」はある出来事の年代を暗示しています。その出来事と年代は?
A:冠位12階の制定:603年

Q:さよならの「よ」はある出来事の年代を暗示しています。その出来事と年代は?
A:17条の憲法:604年

Q:さよならの「な」はある出来事の年代を暗示しています。その出来事と年代は?
A:遣隋使派遣(小野妹子)・法隆寺建立:607年

*聖徳太子(厩戸皇子)の職業はコックさんで、いつも料理しながら「さよなら~ さよなら~」と歌っていたと覚えましょう。頭の中で何度もイメージしてみてください。「さよなら~ さよなら~」の歌詞はいろんな歌で歌われていますので好きなメロディーでイメージしてください。

ちょっと長くなりますが、推古天皇の即位の年代も覚えてしまいましょう。これは聖徳太子の摂政就任の一年前です。592年となります。推古天皇は誰に代わって天皇に即位したか?それは崇峻天皇です。蘇我馬子に殺されました。

今日お話した出来事とその年代は以下のとおりです。年代は流れを確認するためのものですので出来事の順番をきっちり覚えたらそれでOKです。

592年 蘇我馬子 崇峻天皇殺害
↑推古天皇は誰のかわりか?
592年 推古天皇即位
↑推古天皇はいつ即位したか?
593年 聖徳太子(厩戸皇子) 推古天皇の摂政に←これをきっちり覚えましょう!
603年 聖徳太子 冠位12階を定める。
604年 聖徳太子 17条の憲法を定める。
607年 聖徳太子 遣隋使を派遣(小野妹子)
607年 聖徳太子 法隆寺建立


ではまた・・・



Index of all entries

Home > 飛 鳥 時 代 Archive

最新の年表(中学・高校受験用)
年表20100505
上の年表を覚えるテキスト
表紙
世界史年表(高校受験用)
世界史年表(高校受験用)
Recent Entries
アクセスランキング(9月)
 1年表
 2保元の乱
 3永仁の徳政令
 4徳川将軍の覚え方
 5人物一覧
 6白村江の戦い
 7鎌倉6仏教開祖の順番
 8保元の乱の歴史的意義
 9時代区分
10豊臣秀吉の年表
10枕草子の覚え方
  
日本国憲法:20110515
年表20100505
 
テーマ別年表
3大飢饉2
人物別年表
織田信長 豊臣秀吉 徳川家康
Search
                 
ごあいさつ

プロフィール画像

日本史・歴史年代を楽しく・楽に、そして確実に覚えてもらいたいとはじめたブログです。中学受験生・高校受験生から大人の人まで楽しんでいただけたらと思います。よろしくお願いします。 編集長: アンリ  

            
枕草子の覚え方
年表20100505
徳川将軍覚えましょう!
年表20100505
琉球・沖縄まとめました
外国船シリーズ
おまけ
一生
Feeds

Return to page top