Home > 枕草子 > 枕草子の覚え方(スマホ向け)

枕草子の覚え方(スマホ向け)

  • Posted by: アンリ  
  • 2017-01-22 Sun 17:19:48
  • 枕草子
まずは意味を理解しましょう。


春はあけぼの。
春はあけぼのがよい。

やうやう白くなりゆく、
だんだんと(辺りが)白くなってきて、

山際少し明かりて、
山際が少し明るくなってきて、

紫だちたる雲の細くたなびきたる。
紫がかった雲が細くたなびいているのがよい。

再確認
春はあけぼのがよい。
だんだんと(辺りが)白くなってきて、
山際が少し明るくなってきて、
紫がかった雲が細くたなびいているのがよい。


夏は夜。
夏は夜がよい。

月の頃はさらなり。
満月の時期はなおさらだ。

闇もなほ。
闇夜もなおよい。

螢の多く飛び違ひたる。
蛍が多く飛びかっているのがよい。

また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くもをかし。
一方、ただひとつふたつなど、 かすかに光ながら蛍が飛んでいくのも趣がある。

雨など降るもをかし。
雨など降るのも趣がある。

再確認
夏は夜がよい。
満月の時期はなおさらだ。
闇夜もなおよい。
蛍が多く飛びかっているのがよい。
一方、ただひとつふたつなど、 かすかに光ながら蛍が飛んでいくのも趣がある。
雨など降るのも趣がある。


秋は夕暮。
秋は夕暮れ時がよい。

夕日のさして、山の端いと近うなりたるに、
夕日が差して山の端がとても近く見えているところに、

烏の寝どころへ行くとて、
烏が寝どころへ帰ろうとして、

三つ四つ、二つ三つなど、飛び急ぐさへあはれなり。
三羽四羽、二羽三羽などと、飛び急ぐ様子さえしみじみとしたものを感じさせる。

まいて雁などの列ねたるがいと小さく見ゆるは、いとをかし。
ましてや雁などが連なって飛んでいるのが小さく見えている様は、とても趣深い。

日入り果てて、風の音、虫の音など、はたいふべきにあらず。
日が沈みきって、風の音、虫の音など、聞こえてくる様はまたいいようがない。

再確認
秋は夕暮れ時がよい。
夕日が差して山の端がとても近く見えているところに、
烏が寝どころへ帰ろうとして、
三羽四羽、二羽三羽などと、飛び急ぐ様子さえしみじみとしたものを感じさせる。
ましてや雁などが連なって飛んでいるのが小さく見えている様は、とても趣深い。
日が沈みきって、風の音、虫の音など、聞こえてくる様はまたいいようがない。


冬はつとめて。
冬は、朝早い頃がよい。

雪の降りたるはいふべきにもあらず。
雪の降ったのはいうまでもない。

霜のいと白きも、またさらでも、いと寒きに、
霜のとても白いのも、またそうでなくても、とても寒いのに、

火など急ぎ熾して、炭もて渡るも、いとつきづきし。
火を急いでつけて、炭をもって通っていくのも、とても似つかわしい。

昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、
昼になって、寒いのがゆるくなってくる頃には、

火桶の火も、白き灰がちになりて、わろし。
火桶の火も、白く灰が多くなってしまい、よい感じがしない。

再確認
冬は、朝早い頃がよい。
雪の降ったのはいうまでもない。
霜のとても白いのも、またそうでなくても、とても寒いのに、
火を急いでつけて、炭をもって通っていくのも、とても似つかわしい。
昼になって、寒いのがゆるくなってくる頃には、
火桶の火も、白く灰が多くなってしまい、よい感じがしない。


意味を確認できたら何度も読んで頭に入れてください。

楽して覚える方法はありません。

原文を1枚の紙に書いて何度も読んでください。

広告のチラシの裏が最高。 詰まったらすぐ見れるようにポケットの中にいれておきましょう。

覚えようとしないこと。 意味を理解し、何度も読めば頭が勝手に覚えてくれます。

覚えられないのは読む回数が少ないだけです。

ではがんばってください!




関連記事
5分で中国の年代を覚えよう!
>隋の人がいつもてべていたまんじゅうは?   589
>唐の人が唐揚げを食べていたファミレスは?   618
>宋の人がいつもかんでいたガムは?   960
>モンゴル帝国のチンギス・ハンがわずらっていた病気は? 1206
>元のフビライ・ハンが追われていたのはどんな刑事? 1271
>明の人が背中に貼っていたものとは? 1368
>清建国のお祝いに日清ラーメンを届けた料理人は道場? 1636
>中華民国の孫文が禁止したものとは? 1912
>中華人民共和国の毛沢東が大好きだった学校での時間は? 1949
答えを見る

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://rekishinendai.blog10.fc2.com/tb.php/1146-9a89713b
Listed below are links to weblogs that reference
枕草子の覚え方(スマホ向け) from 楽しく覚える歴史年代

Home > 枕草子 > 枕草子の覚え方(スマホ向け)

最新の年表(中学・高校受験用)
年表20100505
上の年表を覚えるテキスト
表紙
世界史年表(高校受験用)
世界史年表(高校受験用)
Recent Entries
アクセスランキング(9月)
 1年表
 2保元の乱
 3永仁の徳政令
 4徳川将軍の覚え方
 5人物一覧
 6白村江の戦い
 7鎌倉6仏教開祖の順番
 8保元の乱の歴史的意義
 9時代区分
10豊臣秀吉の年表
10枕草子の覚え方
  
日本国憲法:20110515
年表20100505
 
テーマ別年表
3大飢饉2
人物別年表
織田信長 豊臣秀吉 徳川家康
Search
                 
ごあいさつ

プロフィール画像

日本史・歴史年代を楽しく・楽に、そして確実に覚えてもらいたいとはじめたブログです。中学受験生・高校受験生から大人の人まで楽しんでいただけたらと思います。よろしくお願いします。 編集長: アンリ  

            
枕草子の覚え方
年表20100505
徳川将軍覚えましょう!
年表20100505
琉球・沖縄まとめました
外国船シリーズ
おまけ
一生
Feeds

Return to page top